Saturday, December 27, 2008

La Dominique 2004

札幌ワインスクール「ボルドー赤ワイン」での授業です。

もちろん、全てブラインドで行いました。生徒たちが選ぶ美味しいワイン人気順は、サンジュリアン第2級の超人気シャトーだと思っていましたが・・・

生徒達、約8割が、一番美味しいと思うワインをこの、シャトードミニク2004と答えたから驚いた!値段にしておよそ半分以下か?!

生徒IMさんのお話

「やっぱり、アタックからスムーズで、タンニンの質が滑らかです。シルキーな印象!でしゃばる感じではなく、旨味がユッタリと広がり、上品な仕上がりで、グレード感◎ですね!この味わいを考えると安いのでは?」

恐るべし ドミニク!

ドミニクのシャトー名の由来を聞いてまた驚いた!

初代オーナーが、ドミニカ人だったから・・

・・・・・・唖然!

あっ・・安直だツ!

ひところの、たけし軍団じゃ、あるまいし!

まるで、海外武者修行に出掛けた日本人プロレスラーのリングネームじゃないか!

恐るべしドミニク!

YAMAHAブラザース、トーキョウートム(猪木の事ね)、トウジョーヤマモト(これなんか、全て名字だ)

で、ナンだったのか?・・あっそうそう、シャトードミニクだ!

兎に角、評価は高いぞと!ラ・ドミニク2004

I don’t speak Japanese but the picture says it all : La Dominique is top !
The Sapporo wine academy selected La Dominique 2004 as the best wine. What will they say when they taste 2006?

Bettane and Desseauve wrote a little piece in Sunday’s, December 25 wine section of Sud Ouest newspaper. What’s next?

For Christmas, we drank the first bottle of Pomerol from the property bought with Clément Fayat (ex Vieux Château Bourgneuf). The new Domaine Fayat-Thunevin 2006 is simply very good, too easy. Its soft texture, 100% Merlot, and hint of violet will certainly be challenged by traditionalists but appreciated by gourmands – Consumer price in France will be between 30 and 40 Euros, including VAT.

No comments: